土日祝日の引き出しならキャッシング

土日祝日の引き出しならキャッシング

 

みなさんは土日祝日や夜間にお金が必要になったとき、
銀行に預金があれば、ATMで引き出すというのが普通ですよね。

 

でも、実はキャッシングのほうがお得だってこと知っていますか?

 

金利がとられるのに得をするってなんだかおかしな感じもしますが、
これは実際に計算してみるとその理由がわかります。

 

まず、銀行のATMで休日祝日および夜間に引き出しを行うと、
利用手数料として105円または210円かかります。

 

これに対して、キャッシングの金利が最高の18%だとすると、
1日1万円あたり、4.7円の利息しか発生しないのです。
ちなみに、キャッシングは専用ATMの場合、いつ利用しても手数料はゼロです。

 

このことから、そこ数万円を引き出すのならば、キャッシングで借りておいて、
翌日、手数料無料の時間帯に銀行から引き出して返したほうがお得だと言うことです。

 

唯一のデメリットは、ATMを往復するのが面倒なことぐらいですが、
手数料にこだわる人はぜひ試してみてくださいね。

 

キャッシングとローンどっちがお得?

 

朝起きて朝食を作ろうと冷蔵庫をあけると、
冷気がまったく出ていないことに気付きました。

 

私はあわてて冷凍庫に残っていた氷と食材をクーラーボックスに入れると、
開店と同時に電気屋さんに行くことにしました。

 

引越しの際に実家からもらったもので、もう10年以上使っていますから、
修理するのは無理だろうと判断したからです。

 

冷蔵庫を購入する費用は色々と考えた結果、キャッシングで用意することにしました。
クレジットカードも持っているのですが、金利はキャッシングより安いものの、
返済方法が固定なので一括返済などがしにくいからです。

 

我が家は収入が安定しない自営業なので、
その月の収入状況で返済額を変えられるキャッシングのほうが、
結果的にローンを組むよりも早く返せることが多く、払う利息も少なくて済むのです。

 

ローンも一括返済可能ですが、これには面倒な手続きが必要なうえに、
振り込み手数料もこちらの負担になるので、
キャッシングのように簡単には出来なくなっています。

キャッシング審査で嘘をついてもバレる

 

私は消費者金融数社からキャッシングをしていて、
そろそろどこからもお金を借りられなくなるんじゃないかと心配になってきました。

 

本当はいけないことだとわかっていますが、
消費者金融の返済をするために他からキャッシングして用意している状態なんです。

 

今回は一社目の審査が通らず、そこよりも審査が甘いという店舗にやってきました。
ここで借りられなければ、すべての返済を延滞することになります。

 

そしてどうしても融資を受けたかった私は、
書類の他社借り入れ欄に実際よりも少ない嘘の金額を記入したのです。

 

結果は無残にも融資不可ということでした。

 

後でわかったのですが、今は情報化が進み、
信用情報機関と呼ばれる場所で簡単にキャッシング状況が調べられるようです。
申込書への記入はあくまでも自己申告で、
実際の私の借り入れ情報は筒抜けだったと言うことです。

 

もうどこからも借りることができないとわかってから、
かえって気持ちが落ち着き、今は司法書士にどうしたらいいか相談しています。

キャッシングの総量規制で限度額が減った

 

以前、キャッシングで車を買うためにお金を用意したことがありました。

 

その時はもう二度と使うことはないだろうと、完済してすぐに解約してしまいましたが、
また新車購入用の費用をキャッシングしようと審査を受けなおしたところ、
融資限度額は50万円ですと言われました。

 

前にキャッシングした時は、融資限度額が100万円ぐらいだったので、
そのぐらい借りられると思っていた私は予想外の減額にあせってしまいました。

 

前回のキャッシングで延滞したことはなく、収入も減った覚えはありません。
家に帰りインターネットで原因を調べていると、今回の私の状況に似たような相談を見つけました。

 

それによると数年前に総量規制という法律が施行されて、
今では年収の三分の一までしか借りることが出来なくなったそうです。

 

私の現在の年収が170万円程度なので、
今回提示された融資限度額の50万円は当然の結果だったと言えます。

 

法律ならばどうしようもないないので、しばらくは車の購入を見送ることにします。

キャッシングすると職場に電話がかかってくるの?

 

住宅ローンや自動車ローンなどを組むと、在籍確認といって職場に確認の電話がかかってきます。
これはその職場で本当に働いているかどうかの確認のために行われるのですが、
キャッシングの申込みの時にも在籍確認の電話はあるのでしょうか。

 

一般的な心理として、住宅ローンなどの確認の電話は気にならなくても、
キャッシングの場合は周囲にお金にだらしがないと思われそうでなんだか嫌ですよね。

 

一部の消費者金融などでは、在籍確認が行われない場合もありますが、
基本的にキャッシングの際にも電話による在籍確認が行われます。

 

ですが消費者金融の会社名でなく、オペレーターの個人名で電話をかけてくれますし、
この電話確認は最初の一度きりなので、まず会社にバレることはありません。

 

ただ例外として、キャッシングの返済を滞納したり、
消費者金融からの連絡を無視したりすると職場にかかってくる場合があります。

 

それを防ぐためにも、普段から返済義務を怠らないように気をつけましょう。