営業での代理店募集について

営業マンの代理店募集についてのおすすめ情報を掲載しています。

03 10月
0Comments

代理店募集とは何か考える

代理店というのは、その会社で作られている商品を代わりに売ってもらう店のことで、代理店で売られている商品は他の会社の物であるから許可を取ってから売る必要がありますが、逆に商品を作っている会社に依頼して自分の店で売ることが可能なケースも存在するから、代理店によっては商売方法が少し異なることがあります。最近では代理店募集をしている会社が多く、商売人の方は募集する権利を得ることができますが、条件として自分達の店で売っている商品が具体的にどんな物であるかを、依頼先に教えておく必要があるため結果自分達の店で売っている商品が、依頼してきた会社で作っている商品とジャンルが異なっている場合は、他の会社で代理店募集をしている所を探す必要があります。代理店募集をしている会社の募集方法はチラシで行っているのではなく、インターネットというメディアを使って世界中の店舗に募集をしているので、日本の店舗だけではなくアメリカのような経済が発展している国に存在している店舗からも応募の要請が入ることがあります。そして代理店を希望している店舗の応募数が100件以上になった場合、会社によっては診断テストをすることが多く、その店舗が自分達の会社の商品を売るにふさわしいと認めてもらうことができれば、代理店としての権利を得ることができます。また代理店になった場合、その会社の商品を自由に自分の店舗で売ることが可能ですが、利益の場合は別で自分達が儲けた何割か存在する利益を、スポンサーである会社に収める必要があるけど、その商品を自分の店で購入して個人的な商品として売ることもできます。

30 9月
0Comments

代理店募集の情報でもっともオススメされる内容

将来的に独立や開業を視野に入れているビジネスマンにとって、どのような業界でどのような商材を扱い、どのような顧客を相手にビジネスをするのかはとても重要なテーマになります。代理店募集の情報は多種多様で、一見すると簡単にできそうな仕事が実は大きな落とし穴を抱えているといったことはよくあることになりますので、確実に経済的な成功の実現を狙うのであれば、ある程度の基準を設け、それをクリアできる業界や商材に的を絞ることをオススメします。では、具体的にどのような業界で代理店を経営することが経済的な成功に大きく貢献するのかということになるのですが、やはり競合が少なく、他社と差別化がしやすいビジネスモデルのある代理店の経営が利益を出すコツになります。どれほどクライアントにとってメリットの高い商材であっても、競合他社が多く存在しますと自分よりも先にその商品が売れてしまうといったリスクがありますし、差別化できない商材は他の商材によって簡単にニーズを代用されてしまいますので、新規のクライアント獲得のためにはこの商品でなければいけないといった強みがどうしても必要になってきます。反対に言えば、まだ競合他社が少なく、この商材を使うからこそメリットがあるといった強みのある商材を抱える代理店募集の情報を手にすることで、起業や開業を限りなく成功に近づくのです。そのような情報はインターネットの分野に多く存在します。特にインターネット広告の分野はまだまだ開拓市場になりますので、ライバルも少なく、インターネットをビジネスにま導入していない多くの企業がターゲットになりますので、この分野で成果を出すことで大きな経済的成功を手にすることができるのです。

27 9月
0Comments

独立への第一歩。代理店運営から始まり、代理店募集で終わる。

昨今、アベノミクスや東京オリンピック開催決定の影響もあり、日本経済は明るいと思われています。しかし、景気が良くなったら、それがすぐに国民の生活に反映されるわけではありません。会社の業績が良くなったからといって、すぐに給与が上がらないのと一緒です。好景気は、上から順番に分配されて行くのです。あなたが会社の従業員であれば、従業員の給与を決める権限がないように、雇われている人に分配の権限はありません。そして、企業のグローバル化に伴い、外国人労働者を低賃金で働かせることで会社は利益を出します。こうした状況が、日本国民の給与増加の妨げになります。上がらない給与でも、人並みに生活は出来るかもしれません。しかし、その給与で、長い時間拘束される生活はいかがでしょうか。自分が独立・開業すれば、仕事も、その仕事をする時間も、給与も、全て自分で決められます。まだ若い人は経験がない分、若さとやる気で乗り切る事が出来るかもしれません。会社では、組織も仕事も理解し、もうベテランになってきている30代、40代の方は、その知識と豊富な経験を頼りに戦っていけるでしょう。50代、60代と、第2の人生を考える時に、若い頃を思い出して、挑戦者として独立を考えるのも良いと思います。独立の形は色々ありますが、リスクを最小限に抑えるという点を意識した時、代理店の運営が適しています。代理店運営の良い点は、運営元の会社から経験やノウハウを学ぶことが出来るという点です。ゆくゆくは、代理店運営で得た資金で別の会社を興し、ビジネスの仕組みが理解出来たら、自分自身で代理店募集をしていくという方法もあります。成功例というのは、包み隠さず伝えていく方が、後世の学びに、又、自分自身の発展にも繋がります。どのような代理店があるのか、まずは探してみること、そこから始めることをお勧めします。